前へ
次へ

産休に入るまでに仕事の段取りを整えておく

一人目の子供が生まれるときには、事前に産休に入る旨を上司に伝えておきました。特に大変だったのは、仕事

more

若い世代の産休取得と安心できる働き方

若い世代の方も働きながら安心して子育てを続けていくことができるように、職場の支援に注目することも重要

more

女性が働くうえで問題になる生理休暇や産休について

日本は雇用機会均等法という法律が制定されています。性別に関係なく、男女ともに雇用の機会が保障されてい

more

産休を取り解雇されたらどうするか

結婚をしている女性の中でも、これから出産を控えている女性もいるはずです。いくら日本で少子化が進んだとは言え、出産をする人はたくさんいます。会社に勤務している女性ならば、休まなければいけないでしょう。実は法律上は出産前に産休を取る事は決められているわけではありません。つまり、絶対に産休を取らなければいけないと言うわけではないんです。会社側としては、できるだけ産休をとってほしくないと考えるかもしれませんが、妊婦さんからの申し出があった場合は産休を取らせるのが基本といえます。もし取らせなかった場合には、法律上違反するため裁判で争っている妊婦さんが勝つのは間違いないところです。ただし、産休を取る場合でも前日に産休をとりたいなどと述べるのはいけません。やはり人として常識があるならば最低でも1ヵ月以上前から伝えておくべきです。なぜなら、妊娠をして出産をするのは、すでに半年以上前からわかっているはずです。それにもかかわらず会社に伝えるのが遅れるのは、怠慢としか言いようがないです。ただし、病気などでなかなか会社に行けておらず連絡ができない場合は別です。出産後にも産休を取る事は可能です。厳密に言えば、出産後の産休は絶対に取らなければいけない決まりになっています。出産をした日から58日間は取らなければいけなくなっており、この間に働かせるようなことをしてはいけません。会社によっては、産休を取ろうとした人に対して解雇を申し出ることがあります。この場合、過去に裁判で問題になりましたが産休を取る場合でも解雇することは不当といえます。これはある意味、女性の権利を侵害しているものであり許される好きでは無いとの判断が下されたと言っても良いでしょう。少なくとも男女雇用機会均等法などができている背景を考えれば、女性に対する性差別の一環と言えるかもしれません。この場合には、会社側に罰金等が重ねると考えてよいでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top